命にも関わる|甲状腺の病気と症状とは如何に

病棟

合併症の危険もある

女性

甲状腺の病気には、甲状腺ホルモンを作る働きの異常により何らかの症状があらわれるタイプと甲状腺が腫れる、シコリが出来るなどの形に変化が見られるタイプ、甲状腺の一部にシコリが出来るタイプの3つのタイプがあります。甲状腺の病気には遺伝の関係があるものと無いものとがあります。ただし、それがどの程度の確率で遺伝するのかは分かっていませんし、遺伝をする場合でも女性と男性と比べると女性の方が発病しやすいと言えます。甲状腺の病気の中には、発病する前に甲状腺が腫れるなどの症状が出る事があります。そのため、甲状腺が腫れているように感じている場合には、診察を受けるようにしましょう。ただし、腫れがあっても、小さいうちは検査をする必要は無いでしょう。

甲状腺の病気の中でも、甲状腺ホルモンが過剰に作られることで様々な症状が起きる病気にが甲状腺機能亢進症と呼ばれる病気があります。これは、バセドウ病と呼ばれることもあります。女性に多い病気と言われていますが、割合としては男性が1人に対して女性は4人程度です。発症する年齢は20代から30代が全体の半数を占めています。そして、その次は40代から50代です。バセドウ病の主な特徴としては、甲状腺が腫れる、目が出る、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることにより動悸、体重の減少、倦怠感、発汗等が挙げられますが、個人差があります。症状に合わせて治療を受けると、症状を抑えることが出来ますが、放置してしまうと重大な合併症を引き起こす可能性があります。

なりやすい人の特徴

女の人

すい臓がんは遺伝性が認められていて、発症した人の内一割の人が家族もすい臓がんを発症しています。すい臓がんは発見がとても難しく、周囲にほかの臓器も多いことから転移も非常に起こりやすいがんなので、とても治療が難しいと言われています。

もっと読む

世代間で発症

看護師

大腸がんの術語3か月以内は消化に悪いものは食べないようにしましょう。それ以後はどんなものを食べても大丈夫ですが、消化機能は落ちているので一度にたくさん食べないよう注意しましょう。家族に大腸がんを発症している人が多い場合は遺伝によって発症すリスクが高くなっているので、定期的に大腸を検査しましょう。

もっと読む

女性に増えているがん

医者

乳がん検診は、超音波検査、マンモグラフィ、触診とあります。精度はあがっていて検査を行うことによってがんを見つけることができますが、乳がんのタイプによっては、検査をすり抜けてしまうものもあります。検査を過信せず、日々注意をしていることが大切になります。

もっと読む