愛猫の健康をしっかり管理|キャットフード選びの基準をリサーチ

猫

ネコの餌を買うときには

安全性を考えてキャットフードを選ぶのなら、ネットショップや公式サイトを活用したほうが楽です。余計な成分はいっさい入っておらず、穀物まで使用していないキャットフードが買えるので、ネコのことをきちんと考えて購入しましょう。

ネコ

健康志向の製品を選ぼう

自然素材無添加の安全なキャットフードはネット上でたくさんの種類が販売されており、4,000円前後の価格で購入できます。また、定期コースやまとめ買いを選択すれば割り引きサービスが適用され、通常より10%から20%程安く入手することが可能です。

餌

飼い猫の健康のために

キャットフードは、猫を飼うには欠かせないものです。しかし、中には安全性に問題のある商品もあります。とりわけ、粗悪な材料の使用や不適切な酸化防止剤の添加、有害な人工香料の使用や不必要な合成着色料の添加などには、注意が必要です。これらのことに気をつけて、飼い猫に安全性の高いキャットフードを与えましょう。

餌を食べる犬と猫

ネコへの食べ物の選び方

キャットフードを与える買い主において、安全性を重視して商品選びする傾向が高まっている。添加物が極力使用されていないものや、遺伝子組み換えを使用していないものなど、人間が食べても安全と思われるものに人気がある。

ネコ

おかしな成分はいらない

ねこに食べさせている餌の袋を確認してみて、余計な成分が入っていると感じるなら、安全なものに買い替えましょう。現在ならメーカーから直接購入ができるため、安全なキャットフードを家まで輸送してもらうことも可能です。

猫に必要な栄養素か確認を

女性と猫

選ぶときの基準

家族には安心安全な食事をしてもらいたいと思うのは自然な心理です。それは人間に限ったことではなく、犬や猫などのペットにとってもそう考えるのは自然なことでしょう。猫にとっての食事は基本的にキャットフードとなりますが、その安全性は非常に様々なものがあります。人間の食事でいうと、国産のものは安心と思うかもしれませんが、実はキャットフードに関してはそれはあてはまりません。国内の基準は海外の基準よりも低くなっている傾向にあり、安全性という意味では国産だから安心とは言い切れないのです。安心安全なキャットフードを選ぶときのポイントとしては、猫に必要な栄養素が含まれているか、不要な成分が含まれていないかがポイントとなります。こうした条件を満たしたキャットフードは自然な香りで美味しいことが多く、猫の食いつきもよくなることが多いのです。猫は基本的に肉食なので、穀物などは必要ありません。そのためグレインフリーとなっているかが最初のポイントです。多少は食物繊維なども必要なのですが、それらはサツマイモなどの野菜類が配合してあれば問題ないので、穀物不使用のものを選びましょう。メインはタンパク質となるべきなのですが、タンパク質の原料が安心できるものかもポイントです。保存料や香料など、猫にとっては不要な添加物が無添加であるかもポイントとなります。こうした条件をそろえたものはイギリス産のものが多く、有名処はイギリス産のメーカーにそろっています。迷ったらイギリス産メーカーを選ぶのも手でしょう。