命にも関わる|甲状腺の病気と症状とは如何に

患者

世代間で発症

看護師

大腸がんの手術が成功した後で心配になるのは食事に関してではないでしょうか。消化器系のがんで手術によって切除した場合、やはり消化機能は低下します。大腸がんでもその例外ではありません。まず、食べてはいけないものを知っておきましょう。術後に食べてはいけないものは、基本的に消化があまり良くないものです。具体的には海藻類や豆類、繊維質の多い野菜などです。また更新料も刺激が強いので避けたほうが良いでしょう。しかし、これらを食べないほうが良いのは術後3か月以内だけなので、それ以降は食べても大丈夫です。しかし、三か月が経過しても、一度にたくさん食べないようにすることやよく噛んで食べることなどは計測するようにして下さい。

がんに関しては遺伝性が認められるものが多いです。大腸がんでも遺伝は発症リスクを高める原因の一つとされています。もし家族に大腸がんを発症した人が居るのであれば、実際に調べてみても良いかもしれません。家族性大腸がんには3対2対1のルールがあると言われています。つまり、家族を含む親族の中で2世代にわたって大腸がんになっている人が3人以上いて、その中で一人でも50歳までに発症しているならば家族性大腸がんの可能性が高いという事になります。この法則がもし当てはまる場合は大腸がんの発症リスクがかなり高くなっているので、30歳を過ぎたあたりで毎年大腸の定期検診を受けるようにしましょう。大腸がんは進行度合いがそれほど早く無いので、早期発見出来れば十分に完治することが可能ながんです。