命にも関わる|甲状腺の病気と症状とは如何に

患者

女性に増えているがん

医者

どういった症状があるのか

女性特有のがんには、乳がん、子宮がん、卵巣がんがあります。女性器にできる腫瘍のことで、それぞれ進行具合によってステージが決まっています。乳がんの場合、自分で発見することができます。腫瘍ができるのは腋近くの乳房で、さわるとこりっとした形のものを確認できます。乳腺が詰まっていてもしこりができたり、老化と共に乳腺に内分泌がたまったりしてがんと見分けがつかない場合があります。乳房にしこりを確認したら、早めに医療機関を受診しましょう。なお、初診は婦人科でも構いませんが、より詳しく知るには乳腺外科を受診します。近くにない場合は紹介状を書いてもらうようにします。乳がんができやすい原因は様々あります。自分には関係ないと思わず、月に2回ほどはセルフチェックを行うように心がけます。

検査を過信しない

乳がん検診には、超音波検査、マンモグラフィ、触診があります。乳がんの場合、見分け方が難しいタイプのものもあり、触診と共に超音波検査を一緒に行うことが多いです。また、乳腺が発達している場合、マンモグラフィ検査を行ってもしこりを確認することが難しくなります。また、マンモグラフィ検査を受けて、しこりが確認できなくても乳がんのタイプによっては、急にしこりが大きくなってしまうものもあります。検査を行ったからといって安心せず、しこりが乳房にある場合は注意深く見ることが大切になります。乳がんは進行が比較的遅いと言われていますが、近年では特殊型と呼ばれる進行の早いものも増加傾向にあります。若い年齢の方でもなることが多いので、検査は毎年受けるようにします。