愛猫の健康をしっかり管理|キャットフード選びの基準をリサーチ

飼い猫の健康のために

餌

エサの成分に気をつける

猫を飼う際に欠かせないのがキャットフードです。バリエーション豊かな商品が出回っているため、飼い猫にどれを与えようか迷うことも多いのではないでしょうか。飼い猫の好みや飼い主さんの趣向も選ぶ際の基準になりますが、何より気になるのは安全性です。猫にとって安全なキャットフードとは、どのようなものなのでしょうか。キャットフードには、まず材料となるお肉や穀物が入っています。次にその保存性を良くするための酸化防止剤、見栄えをよくするための合成着色料、さらには食欲をそそるための人工香料が入っていることもあります。まずは、材料であるお肉や穀物の質が重要です。中には、肉副産物といって、内臓や血液、骨などの消化しにくいものが使われている場合があるので、注意が必要です。この場合、猫の食欲をそそる風味にするために、人工香料が添加されていることも多いのですが、人工香料には皮膚毒性の強いものや、発がん性の疑われるものもありますから、安全性の観点から避けたほうが良いでしょう。また、酸化防止剤の中にもBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンなど、発がん性があったり毒性の含まれるものが存在するため、よく確認してみましょう。最後に合成着色料についてですが、食欲が減退したり、それにより体重が減少したりと、安全性に問題があります。そもそも合成着色料は飼い主さんの目を引くために使われているもので、猫には関係がありません。猫は食品の色がどうであれ、食べられると判断すれば食べます。ですので、合成着色料の入っていないキャットフードを選んでも、何の問題もありません。