命にも関わる|甲状腺の病気と症状とは如何に

患者

なりやすい人の特徴

女の人

すい臓がんはがんの中でもその治療の難しさから特に恐ろしいがんと言われています。そんなすい臓がんにかからないためにも、すい臓がんになりやすい人はどんな人かを理解し、自分が当てはまるようであれば改善していきましょう。まず、すい臓がんを発症した人のうち、一割程度は家族や親族がすい臓がんにかかっているという統計閣下が出ています。特に家族の中で二人以上発症している場合は、誰も発症した家族が居ない人と比べると10倍以上も発症リスクが高くなります。家族にすい臓がんを発症した人が居る場合は予防のために定期検診を必ず受けるようにしましょう。また、他の病気によって発症リスクが高まる場合もあって、特に糖尿病を発症している人は発症リスクが高くなります。

すい臓がんはがんの王様と言われているほど恐ろしいがんです。なぜがんの王様と言われているのかというと、まずはとにかく発見が遅れやすいという事があげられます。基本的に食症状がほとんどないですし、症状が自覚できたとしても食欲不振やおなかの痛みと言ったごく一般的な病気にも当てはまる症状です。病院で診察してもすい臓がんとは思われずに誤診されるケースがかなり多いのです。また、すい臓がんはとても転移しやすいがんだともいわれています。特に転移しやすいのはすぐそばにある肝臓や胃です。特に肝臓はすい臓とともに沈黙の臓器と言われ、かなりがんが進行しないと自覚出来るような症状が出ないので、すい臓がんが発覚したら同時に肝臓の検査もするようにしましょう。